色のお話パート2

  • 2017.10.30 Monday
  • 16:30

都内で唯一、骨格スタイルアドバイザー・パーソナルカラリスト在籍サロン。GraceAvenueです。

 

まずはお礼から言わせてください。

 

Twitterから自店にお越しくださいましたゲストの皆さま、本当にありがとうございます。

投稿してくださった人権さん。ようやく見つけることができました。直接お伝え出来ず大変心苦しいのですが、この場をお借りして心から御礼申し上げます。

 

どうか失礼をお許しください。

 

SNSという繋がりを日々感じ、大切に過ごしていきたいと思います。(スタッフ一同)

 

 

色のお話と称しまして続いてきたシリーズもパート2です。

 

 

自分のパーソナルカラーを知ってる方も少し踏み込んだ内容になってきますので 是非つづきをご覧ください。

 

 

パーソナルカラーの勉強をすると9色調なるものが出てきます。

 

9色調ってなんのこと?

 

こちらになります。

 

 

簡単に言いと色の明るさと色の濃さを9個に分類し、それを4シーズンでグループ分けしてるんです。

 

 

診断を受けてみたもののオータムだけど なんとなく濃い色が苦手。。。

サマーだけどスプリングの色も似合う気がする。。。そういったところを今回はクリアーにしていきましょう。

 

 

まずはこれをよく見てね。

 

 

こちらはサマータイプです。

 

 

 

つづいてスプリングタイプです↓

 

 

お気づきになりましたか???

 

CIってところサマータイプもスプリングタイプも両方重なってますね。

 

 

       (左   サマー   )              (右  スプリング    )

 

簡単に言うと ここの色はどちらも似合うってことが言えるのです。(簡単に言うとですよ)

 

 

別の例だと

 

 

 

まんなかのdlのところはオータムタイプさんが似合う明るめの色です。

もちろん比較的 落ち着いた色が得意なオータムさんだけど その中でも明るめが似合う人はdl要素を元々強くお持ちなんです。

 

 

 

 

おもしろいですよね?

 

 

 

なんとなく私ってそういうタイプなんだ。。だけでもいいですが、必要な方には より深いところまで ご説明させていただきます。

それもこれも髪形をデザインするうえで大切な知識だからです。ここではふれてない骨格スタイルの知識と合わせて髪形をデザインしていくから都内唯一なんです。

 

あなたにしかない

 

あなただからこそ輝く美しさ

 

その魅力を引き出すことが美容師としての役目だとうけとめています。

 

 

11月のご新規様の予約枠は間もなく終了とさせていただきます。12月は特に混雑が予想されるため既存のお客様枠を既に確保していただいております。(次回予約など)

2回目以降の方はご理解の元LINEまたはLINE@でお問い合わせいただくか、直接お店までお電話をくださいますよう ご協力よろしくお願いいたします。(ブログ最後に記載)

 

Grace Avenueはヘアスタイルが導く 心豊かなライフスタイルを、お客様と共に創造し歩んでゆくことをお約束します✨

 

〜ご案内〜

 

他店で骨格スタイル診断やパーソナルカラー診断を体験された お客様が、ここ最近、多くご来店いただいております。髪型の系統や傾向が分かっても、私にとって何が似合うのか 細かい部分が伝わり切れてないと判断しております。

どうかプロの美容師でもある私たちに、安心してお任せください。あなただからこそ輝くご提案をさせていただきます。

 

 

募集

 

ただいま共に輝くスタッフさんを募集しております。社保完備、残業ナシ、土日休みOK (20歳〜35迄)スタイリスト・アシスタント 問いませんのでお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

〒107−0061

港区北青山3−6−31

Grace Avenue

0334065111

 

担当原木

 

店長  Keisuke Haraki

 

 

✨骨格スタイル分析・診断って??

ここクリック

 

✨似合わの専門家ってなに??ここクリック

 

✨どんな方に喜んでもらてるの??

ここクリック

 

 

サロンホームページ

 

http://grace-avenue.com

 

 

 

LINEお友達登録は

こちらから

 

 

LINE@お友達登録は

こちらから

お得な情報とご新規様には、ご来店前の事前カウンセリング・ご予約の場としてご利用いただけます。

 

Facebook 

keisuke haraki

 

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック