美容室 骨格診断

  • 2018.08.03 Friday
  • 20:00

1級骨格アドバイザー・1級パーソナルカラリスト在籍サロンGraceAvenueです。

 

今回は実際に診断させていただいたゲストの紹介です。

 

 

 

モデルさんはウェーブタイプさんですが上半身にはやや立体感があります。

 

ストレートタイプさんが得意とするIラインシルエット(画像左)も悪くありません。

 

 

では画像右のウエスト位置を約ベルト1本分とスカートの丈を上げた場合とでは どうでしょうか?

 

 

ウエスト細さが際立ちスタイルアップして見えてきますよね。

 

 

重心バランスを上げる!

 

ウェーブタイプさんの似合わせポイントですが

 

モデルさんの場合は上げすぎると少し窮屈に映ります。

 

 

腰位置も低過ぎず上半身もやや立体感があるためです。

 

 

 

デコルテ周りの装飾もフリルやリボンなどの立体感が出すぎるモノは避け

 

シンプルなブラウスなどがオススメです。

 

(柄が少し入ったモノや細めのストライプなど 立体感を調整することが大切です)

 

 

今回のようにVネックのシャツを着る場合は

 

毛先を少し巻いて立体感をほんの少し足すのがベスト。

 

 

そのうえでもう一度

 

左右の画像を見比べてみてください。

 

 

ウェストをマークし

 

シャツをスカートにインすることで

 

IラインだったシルエットがほんのりXラインに。

 

女の子らしい曲線的なシルエットでまとります。

 

 

そしてヘアスタイルにカール感をプラスすることで

 

【ファッション・ヘアスタイル】

 

両方が曲線でまとまった

 

柔らかい女性らしいシルエットにスタイルアップします。

 

 

 

オシャレの3大要素はファッション・ヘアー・メイクです。

 

その3つの調和が取れた時、誰でも確実にあか抜けます。

 

 

自分好み(主観)も大切ですが まずは周りからどう映ってるかを把握して

そのうえで自分好みに寄せて行く!

 

これが最速最短ルートです。

 

 

いかがでしょうか?

 

今回記事に取り上げることを快く承諾してくれたモデルさん 本当にありがとうございます。

モデルさんと同じウェーブタイプさんでも なぜかシックリこない方も実際少なくありません。

同じような悩みを抱える方の少しでも支えになれればとblogにさせていただきました。

 

これからもシッカリとお役に立てるようサポートさせていただきます。

 

今後ともGraceAvenueをどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

東京都港区北青山3−6−31

0334065111

GraceAvenue

定休日(火曜日)

AM10:00〜19:00

 

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック